一歩進んだドッグフード

ビール酵母入りのドッグフードとは

ドッグフードの成分表示をみると、さまざまな栄養素が添加されていることに気付かれると思います。ビタミン、ミネラル類はおなじみの栄養素ですが、ドッグフードによっては「ビール酵母」が添加されているものもあります。ビール酵母とはどういったもので、犬の健康にどう役立つのでしょうか。

ビール酵母とは

ビール酵母とは、その名の通りビール作りに使われる酵母のことです。ビールは、麦芽を煮て作った麦汁を発酵させて作るのですが、この発酵に使われる酵母がビール酵母です。麦汁の中でビール酵母は増殖しながら糖分をアルコールと炭酸ガスに変え、ビールを作っていきます。麦汁には糖分だけでなくアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がたくさん含まれていますが、ビール酵母は発酵の際この栄養分もたくさん吸収します。発酵を終えたビール酵母は沈殿し、上澄み液ができたてのビールとなります。沈殿したビール酵母は集められ、洗浄・乾燥を経て発酵力を失い、吸収されやすい形になります。

ビール酵母には栄養がたくさん

麦汁の栄養素をたっぷり吸収したビール酵母には、天然由来の栄養素がたくさん含まれています。たんぱく質の元となるアミノ酸、中でも体内で合成できない犬の必須アミノ酸10種類は全て含まれています。さらにビタミンB1・B2・B6などのビタミンB群、ミネラルや核酸のほか、グルカン・マンナンなどの食物繊維が含まれており乳酸菌などの腸内善玉菌のえさとなるほか、体内の有害物質を体外へ排出する効果も期待できます。

胃腸の健康にも役立つビール酵母

ビール酵母は、栄養が豊富なだけでなく弱った胃腸を助け胃もたれや消化不良を改善し食欲を増進する効果もあります。また、乳酸菌などの善玉菌を増やす効果もありますので、食欲不振や、下痢・便秘などの胃腸の不調に役立ちます。

このように健康に役立つ成分がたくさん含まれており胃腸のサポートもしてくれるビール酵母は人間も犬も積極的に摂取したいサプリメントと言えます。栄養素がすべて天然由来というのも安心できますから、ビール酵母を添加したドッグフードも増えてきています。特に愛犬の胃腸の調子がいまひとつ…と感じられている方は、ビール酵母が入っているドッグフードを与えてみると効果が一層感じられるかも知れません。