一歩進んだドッグフード

小型犬用と大型犬用のドッグフードの特徴

種類豊富なドッグフードですが、犬の大きさに合わせたドッグフードも販売されていることをご存知でしょうか。同じ犬とはいえ、小型犬のチワワと大型犬のグレート・デーンではその体重差は十数倍にもなります。犬の大きさ別のドッグフードには、それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

小型犬用のドッグフード

小型犬とは、概ね体重が10kg未満の犬のことを指します。狆などのようにもとから愛玩犬種として発展したものや、ミニチュアダックスフントやトイプードルなど、もともとは狩猟などの使役犬だったものが小さく改良されたものなどさまざまですが、どの犬種も気が強く活発な子が多いようです。一般的に、小型犬は体重1kgあたりの必要カロリー数が多く、大型犬に比べて二倍近くのカロリーを必要としています。反面、体の小ささから食べられる量に限りがあるため、高カロリーで嗜好性の高いドッグフードが多く発売されています。また、ほとんどが室内で飼育されていますが、活動的に動き回る際にフローリングなどで脚を滑らせ痛めてしまう事例が多いことから関節や筋肉をサポートする成分が入ったドッグフードも多いです。

大型犬用のドッグフード

大型犬とは、概ね体重が25kg以上の犬のことを指します。その多くが牧羊や狩猟など、使役犬として発展してきた犬たちで、その用途によって気質は様々ですが成犬になると運動の時以外はおとなしく寝ている子がほとんどのようです。狩猟や牧羊で働いていた時代と違い、仕事をなくした現代の大型犬たちは満足するまで食事を与えてしまうと肥満になってしまうことが多く、良質なたんぱく質と適度な脂肪が含まれたドッグフードが適しています。大型犬はその体重の重さから股関節をはじめとする関節に負担がかかりやすいため、関節に配慮した成分が配合されたドッグフードが多く発売されています。また、体内の代謝と循環をサポートするためEPA/DHAが配合されたドッグフードも多く見受けられます。大型犬は小型犬に比べてシニア期が早く始まるため、大型犬のシニア用ドッグフードは対象年齢が5歳~7歳以上と、小型犬のシニア用ドッグフードよりも早めに設定されています。

以上のように、小型犬用と大型犬用のドッグフードの違いは粒の大きさだけではないことがおわかりいただけたかと思います。ドッグフード選びの際は、愛犬の大きさも考慮にいれてみてください。