一歩進んだドッグフード

ドッグフードとキャットフードの違い

家庭で一緒に暮らすペットとして人気を二分する犬と猫ですが、与えるフードを探しにお店へ行くとドッグフードコーナーとキャットフードコーナーに分かれておりどちらも種類がたくさんあります。犬にはドッグフード、猫にはキャットフードと、特に考えずに与えている方がほとんどかと思いますが、両者にはどのような違いがあるかご存知でしょうか。


犬と猫は食性が違う

犬は肉、猫は魚が好物というのは一般的なイメージですが、生物学的な分類でいうと犬は人間と同じ雑食、猫は肉食とされています。これはどういうことかというと、犬は穀類や野菜由来の栄養素だけを摂取することでも生きていけますが、猫は一定量の動物性のタンパク質が生きていくうえで必須ということです。一般的に、ドッグフードよりもキャットフードのほうがタンパク質の含有量が多くなっています。


猫は体内でタウリンが合成できない

タウリンとはアミノ酸の一種で、生体にとって重要な役割を持った成分です。犬は体内でタウリンを合成することができるのですが、猫は合成することができないため、必要量を全て食事からまかなう必要があります。食事から十分なタウリンが摂取できない状態が続くと視力低下や心筋症、発育障害を引き起こすタウリン欠乏症になってしまう可能性があります。そのためキャットフードにはパッケージにタウリンの含有量を明記してある商品が多いようです。

猫は甘味を感じない

猫の舌には甘味を感じる器官がないということが研究で発表されています。他方、犬は甘味を感じることができ、また甘いものを好む傾向がありますので嗜好性を高めるため表面に甘い味付けをしたドッグフードもあります。

以上のような点がドッグフードとキャットフードの主な違いです。劇的な違いではないため、同居している犬と猫が、お互いの食事をつまみ食いしてしまった、などの場合はあわてる必要はないでしょう。しかし、何らかの理由で犬にキャットフードを、猫にドッグフードを長期間与えるようなことは健康を害する恐れがありますので避けるようにしましょう。愛犬、愛猫の食事はそれぞれ専用に開発されたフードの中から選び、健康的な毎日を送らせてあげたいですね。