一歩進んだドッグフード

ドッグフードにヨーグルトをプラス

普段は愛犬にドッグフードを与えている方も、少し食欲がなさそうな時など、もうひと手間加えてあげたいと思う時があるのではないでしょうか。
そのようなときのトッピングのひとつとしておすすめなのが、ヨーグルトです。

牛乳の栄養はそのまま、おなかを壊しにくい

牛乳を発酵させて作られたヨーグルトですので、ほとんどの栄養素はそのまま残っています。大きな違いは乳酸菌が増えていて、乳糖が減っているところ。
これは、乳酸菌が増える際に牛乳に含まれる糖分(乳糖)を分解して乳酸を作り出しているからなのです。
この乳糖は犬が消化を苦手とする成分なので、牛乳でおなかが緩くなってしまう子でもヨーグルトなら大丈夫なことが多いのです。
与える際は、人肌程度に温めてあげるとさらにおなかにやさしくなります。

乳酸菌の効果は愛犬にも◎

近年ではお通じの改善だけでなく、免疫力の向上にも効果があると研究結果が発表されている乳酸菌ですが、人間だけでなく犬にも同様の効果が期待されます。
免疫細胞が正常に働くことによりアレルギー低減につながるとも言われており、腸内環境を良い状態に整えておくのは大切なことです。
犬の胃酸は人間よりも強力ですが、死んでしまった乳酸菌でも腸に届くことにより、生きている乳酸菌の餌になりますので腸内環境の改善に貢献します。

・与えるときは、プレーンタイプを

ヨーグルトを与えるときは、砂糖など余分なものが入っていないプレーンヨーグルトを選ぶようにしましょう。
肥満が気になる愛犬の場合、糖分カットタイプのものでも乳酸菌の効果は変わりません。
ただし、喜ぶからと大量に与えてしまっては下痢の原因になることもあります。
愛犬の大きさにもよりますが、スプーン一杯程度でも乳酸菌の効果は十分期待できます。
たまに大量に与えるよりも、少量を継続して与える方が効果的ですので、愛犬の様子を見ながら、ちょうど良い量を見極められるとよいでしょう。

嗜好性がよいため、ヨーグルトをトッピングすることで喜んでドッグフードを食べてくれる愛犬も多いようです。
プレミアム・ドッグフードの中にはビフィズス菌など乳酸菌を配合しているドッグフードも販売されていますが、ヨーグルトをトッピングすることで補うのも一つの手です。
まずは少量から、試してみてはいかがでしょうか。