一歩進んだドッグフード

ドッグフードのカロリー

愛犬が食べているドッグフードのカロリー、気にされたことはあるでしょうか。
一見同じように見えるドッグフードですが、その原材料からカロリーにはかなり差があります。
太り気味な愛犬、食が細くてやせ気味の愛犬、それぞれの状態に合わせた健康管理のために、ドッグフードを選ぶ際はカロリーも考慮に入れることが大切です。

平均は100gあたり300k~350kカロリー

一般的なドライのドッグフードのカロリーは100gあたり300k~350kカロリーとされています。 ドッグフードを別の種類に変える際、同じカロリーであれば同じ量を与える、という目安になりますね。
穀物不使用(グレイン・フリー)や活動犬用のドッグフードですと100gあたりのカロリーは少し上がって400kカロリー程度、肥満対策や老犬用のドッグフードですと100gあたり250kカロリー程度のものもあります。
愛犬のライフスタイルに合ったドッグフードを選んであげましょう。

太り気味の愛犬には低カロリードッグフードを

特に運動不足というわけではないけど、太り気味…という愛犬には、カロリーが低めで、満腹感が得られるように考えられたドッグフードが良いでしょう。
加齢によって代謝が落ち太り気味になってきた老犬にも、以前と同じ量を食べてもカロリーが低くて済むドッグフードを与えたほうがストレスが少ないようです。

ただ、低カロリーとはいえ必要な栄養素はしっかり取れることが重要です。
動物性の栄養素、特にタンパク質が多く配合されているかチェックしましょう。
近年評価の高い穀物不使用のドッグフードはかさ増しの穀物を使用しないためどうしても高カロリーのものが多いです。

品質を重視して穀物不使用のドッグフードを与えたいときは、野菜を蒸したものや煮出したスープなどをかけて満腹感が得られるようにしてあげましょう。

やせ気味の愛犬には高カロリードッグフードを

食が細くやせ気味、とても活発で普通の量を与えているとやせていってしまう、といった愛犬には高カロリーのドッグフードを与えましょう。

穀物不使用のドッグフードなど、高品質な動物性栄養素が多く含まれたものは高カロリーになる傾向がありますが、中には脂肪分を過剰に追加することで高カロリーになるよう作られたドッグフードもあります。
原材料表示を見て、明瞭な材料が使われていることを確認しましょう。

ドッグフード選びの際の一つの指標になるカロリーですが、太り気味、やせ気味いずれの愛犬もしっかりと栄養素が摂取できることが大切です。
上手に判断材料に組み込んでみてください。