一歩進んだドッグフード

鹿肉のドッグフードのメリット

人間の料理でも最近鹿肉などの狩猟で得た野生鳥獣肉を使ったジビエ料理が人気ですが、ドッグフードにも鹿肉(ベニソンあるいはヴェニソン、エルク)を使ったものが販売されています。
鹿肉を使ったドッグフードには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

アレルギーの原因になりにくい

ドッグフードによく使われているビーフ、チキンなどの家畜肉に比べて、野生獣肉である鹿肉は普段口にする機会が少ない食材です。
すでに複数の肉類でアレルギーを発症してしまっている犬でも、鹿肉ならアレルギー症状が出ない可能性が高いです。

高たんぱく、低カロリーで栄養豊富

鹿肉は肉類の中でも特に栄養価が高いと言われています。
高たんぱく、低カロリーでありながらビタミン、ミネラル類は多く含まれており、鶏肉と比べてビタミンB2は3倍、鉄分は5倍、亜鉛は3倍含まれています。

また、肉類にはほとんど含まれていないDHAも含まれています。
DHAは、青魚に多く含まれていることが知られていますが、血流の改善や中性脂肪の減少に効果がありますので、犬も積極的に摂取したい成分です。

天然食材で育った清浄肉

牛や鶏などの家畜は、単一の飼料を与えられるためどうしても足りない栄養素を追加で添加されたものを食べています。
人工の飼料ですと残留農薬の危険性はぬぐえないですし、病気の蔓延を防ぐため抗菌剤なども配合されていることが多いです。

その点、鹿は野生の環境で無添加の植物を食べて育っていますから、余計なものを摂取している心配がほとんどないと言えるでしょう。
抗菌剤や虫下しを摂取していなくても、鹿は他の動物に比べて体温が高いため寄生虫や雑菌などがつきにくく、清浄肉とも呼ばれていますので衛生面での心配も不要です。

以上のようにメリットのたくさんある鹿肉を使ったドッグフードは、愛犬の健康を守るための食事の選択肢として十分検討価値のあるものと言えそうです。

野生の食材であることから、安定した調達が難しいため多く出回っているわけではないようですが、鹿肉を専門に取り扱うお店などが製造しているケースもあります。
愛犬に合ったドッグフードを探されてみてください。
参考URL http://www.new-page.com/fish.html
こちらでは犬にとって必要な魚の栄養素が入ったドッグフードが紹介されています。