一歩進んだドッグフード

便秘改善効果のあるドッグフード

健やかなお通じは人同様、犬にとっても健康のバロメータです。
緊急性が高く飼い主も気を使う下痢に比べて便秘は気を緩めがちですが、大病が隠れているサインである場合や慢性化すると病気につながることもありますので注意が必要です。

犬の便通は基本一日一回以上

犬の腸は人間に比べて短くできており、食物が早く通り抜けるようになっています。
食事をするとその刺激で胃腸が動き、排せつにつながりますので、基本的には食事の回数と同じ回数便通があるものと思ってよいでしょう。

もし、愛犬のお通じが二日以上ないことがよくある…ということでしたら、便秘が慢性化しています。食事と運動を見直しましょう。

水分をしっかり摂取しているかチェック

特にドライのドッグフードだけを食事としている愛犬は、水分不足に陥りがちです。
便秘傾向になる他、体内の老廃物排せつが十分できなくなるとやがては病気につながってしまいます。

尿の色がいつも濃い黄色の場合は水分不足が疑われます。食事の時にお水や人肌程度に温めたお湯をかけてあげて、水分の摂取量が増えるようにしましょう。
ひと手間かけられるようであれば、野菜やきのこを細かく刻んだものを煮込んだスープをかけてあげると、食物繊維も追加で摂取できなお良いでしょう。

食物繊維をとろう

人間と同様、食物繊維を積極的に摂取することで腸内環境が改善され、便秘の改善につながります。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
不溶性食物繊維は水分を吸って大きく膨らみ腸内を刺激することで蠕動運動を活発にするほか、腸内の毒素や老廃物を吸着する働きもあります。

水溶性食物繊維は水を吸うと粘性のある形状になり善玉菌の餌になることで腸内環境を整える効果があります。
どちらもバランスよく摂取することが必要なので、便秘がちな愛犬には特に野菜や果物を多く配合しているドッグフードや、複数の食物繊維を添加しているドッグフードを選んであげましょう。

オリゴ糖も腸内環境改善に効果あり

オリゴ糖は胃と小腸で分解・吸収されにくく、大腸にそのまま届くことでビフィズス菌の餌となります。
善玉菌が増えることにより腸内環境が整いますので、便通対策としてオリゴ糖を配合しているドッグフードも多く販売されています。

以上のように食事を見直すほか、運動も便秘改善に大きく役立ちます。
もしそれでも改善が見られないようであれば、病気のサインかもしれません。
動物病院にかかり、健康チェックをしてもらいましょう。
毎日スッキリと排便できるようにしてあげて、元気に毎日を過ごしてもらいたいですね。