一歩進んだドッグフード

ドッグフードのガムはどんな時に必要?

ドッグフードのコーナーに立ち寄ると、そばにドッグフードのガムが多数陳列されていることに気付かれる方も多いと思います。
各社からいろいろな形状のガムが発売されていますが、ドッグフードのガムはどのような時に与えると良いのでしょうか。

歯磨き効果は補助的なもの

ドッグフードのガムの多くが、歯磨き効果を謳っています。
しかし、犬の口内は酸性に傾きづらく人間のような虫歯はほとんどできないとされています。
ただ歯垢が出来たり歯肉炎や歯槽膿漏にはなってしまうので、口内が清潔に保たれるようにすることは必要です。

犬の場合は上顎の大臼歯の根本に唾液腺があり、その付近に食べ物のカスがついたままになってしまうと歯垢ができやすくなります。
ドッグフードのガムを与えることで唾液がたくさん出て食べ物のカスが押し流されやすくはなりますが、歯ブラシのように大臼歯の根本についたカスを落としてくれるわけではありません。
ドッグフードのガムは補助的役割と考えて、定期的に口の中をお手入れしてあげましょう。

ドッグフードのガムは嗜好品

外出できない、運動不足などのストレスを、ドッグフードのガムを一心に噛むことで紛らわせられる愛犬も多いようです。
太り気味で食事量を減らしている愛犬も、ガムをかむことで満足感につながる子が多いようです。
ガムを前脚で押さえて、一生懸命かじっている姿がかわいくて好き、という飼い主さんも多いと思います。

人間のガムと同じように、長く噛むのが目的なので栄養素などを期待して与えるものではありませんが、上手に使うことでそれ以上の効果が得られるとも言えるでしょう。

誤飲には十分注意を

ドッグフードのガムは犬の強い力で噛み続けても簡単にすり減らないようにできています。
少しずつ胃に入っていくのが前提なので、大きいものを丸呑みしてしまうと消化不良の原因になってしまいます。

過去には誤飲したものが食道や腸に詰まり死亡してしまった事例もありますので、自分の犬の口の大きさと噛む力に見合ったものを選び、愛犬にガムを与えた際はいつでも様子をみられるようにしておきましょう。

加工材料が使われているもの、天然素材のもの、様々なドッグフードのガムが販売されています。
愛犬のお気に入りをみつけて、ストレス解消やコミュニケーションなど、うまく使っていきたいですね。