一歩進んだドッグフード

ドッグフードの密閉容器

省スペースで保存がしやすく、種類が豊富で人気のドライ・ドッグフードですが、開封後の保管については注意が必要です。ほとんどのドッグフードには保存料が使用されていますが、酸化や腐敗を完全に防げるわけではないので、飼い主さんが気を付けてあげる必要があるのです。

開封後は酸素や光、熱になるべく触れさせない

ドッグフードには犬に必須の栄養素の一つとして油脂が使われており、動物性・植物性問わず酸素や光、熱と触れることにより酸化が進んでしまいます。
酸化した油脂は風味が劣るだけでなく、体にとって有害な物質となってしまうのです。

油脂が酸化したものは過酸化脂質と呼ばれ、がんや老化、動脈硬化などを引き起こす原因となります。
また、その他栄養素も酸素と触れることにより劣化してしまいますので、酸素や光、熱と触れる時間はできるだけ少なくする必要があるのです。

密閉容器に入れての保管がベター

ほとんどのドライ・ドッグフードは袋に入った状態で販売されています。
袋の素材は紙やアルミ蒸着のプラスチックまで様々ですが、いったん開封すると中に空気が入るという点では変わりません。
保管時は開封した開け口をしっかり密封することが大切ですが、袋の大きさによっては難しいこともあるかと思います。

食事は毎日与えるものですので、毎回開封・密封をする手間も積み上げるとかなりのものです。
ふたの開け閉めが簡単で、しっかりと密閉できる容器に袋ごと、あるいは移し替えて保管するとよいでしょう。

小型犬用の小袋のドッグフードでしたら、キッチン用品のフードストッカーで十分ですし、大型犬用の大袋を購入されているようでしたら専用のドッグフードストッカーも販売されています。
中には蓋部分にゴムパッキンがついていて密閉性が強化されたもの、容器内の空気を抜いて真空状態にできるものもありますので、手間と使い勝手を考えて選ばれるとよいでしょう。

ただ、密閉容器に保存しているとはいえ、完全に酸素に触れることを防げるわけではありません。
開封した時から酸化は始まっていますので、一般的には一か月以内、記載がある場合はその目安の期間内に使い切るようにしましょう

密閉容器で保管するメリットは、油脂の劣化を遅らせる以外にもあります。
ダニやほこりなどの混入を極力避けられるという点です。
せっかく愛犬のためにと選んだドッグフードですから、その効果が食べきるまで最大限発揮されるようにしたいですね。