一歩進んだドッグフード

高齢犬にはウェットフードが向いている?

ドッグフードは水分含有量の違いでウェット、セミモイスト、ドライの三種類に大別されますが、高齢犬にはウェットフードが向いているという話があるのをご存知でしょうか。高齢犬にとってウェットフードはどのようなメリットがあるのでしょうか。

水分補給に役立つ

ウェットフードはその名の通り水分が豊富に含まれたドッグフードで、水分量が概ね75%程度のものを指します。生命維持にとても大切な役割を果たす水分ですが、犬も人間同様齢をとると体内の水分量が減っていきます。また運動量が減ることで水を飲む機会も減り慢性的に水分不足になっている高齢犬も多いようです。水分不足で体内の循環が滞り、毒素の排出がスムーズにいかないと老いを早めることになってしまいます。水分が多く含まれたウェットフードを与えることで、無理なく水分を補給することができます。

胃腸の負担軽減

ウェットフードはドライフードに比べて胃腸に対する刺激が少なく嗜好性が高いため、食欲が落ちてしまったときに与えると体力維持に役立ちます。元気な成犬と違い、高齢犬は食欲が落ちて食事量が減った期間に筋肉が減りそのまま衰えてしまうということも起こりえますので、食事をきちんと摂るということはとても大切です。全量をウェットフードにする以外にも、食欲アップのためにドライフードにウェットフードをトッピングするという方法も検討されると良いでしょう。

低カロリーで満足感

ウェットフードはそのほとんどが水分であることから、ドライのドッグフードに比べて多くの量を食べても低カロリーであると言えます。高齢になり代謝が落ちると、若いころと同じ量を与えると肥満につながることもあります。量を減らすと満足できない愛犬には、ドライのドッグフードを少し減らしてウェットフードを加えてあげれば、食事の満足感は維持しながらカロリー減を目指せます。

ウェットフードは元気な成犬に与えるよりも高齢犬に与えるメリットが大きいといえるでしょう。愛犬がシニア期に差し掛かり、食事はこのままでよいのかなと思われている方は、ウェットフードを上手に取り入れることで高齢犬が元気に過ごすための一助となりそうですね。
最後に、ウェットフードを選ぶ際は、ドライドッグフードと同様に良質な原材料が使われているものを選びましょう。ウェットフードだけを食事として与える場合は、「総合栄養食」の表示があるかチェックしましょう。水煮や角切りなど素材が一目でわかる場合は何が入っているか見てわかるので安心ですが、総合栄養食ではないことも多いため、必要な栄養素を他で補ってください。総合栄養食の場合は良質な動物性たんぱく質が多く含まれているものを選ぶようにしましょう。原材料表示の先頭にチキン、ビーフなど何の肉か明確に、複数表示されていることが目安です。