一歩進んだドッグフード

有名なドッグフードは体にもいいのか

ドッグフードを選ぶ際、はじめは何を与えたらよいか迷ってしまう方も多いかと思います。愛犬を家族の一員として愛する人が増えるにつれ、ドッグフードの数もどんどん増えていますので、どれがいいのか目移りしてしまいますね。そこでまずはブランド名を耳にしたことのある有名なドッグフードを、と選択しがちですが、有名なドッグフードは体にもいいといえるのでしょうか?

有名なドッグフード=体にいいドッグフードとは限らない

結論から言ってしまいますと、有名だから体にいい、というわけでは無いのが実情です。そしてその逆で、有名なドッグフードは体によくない、というわけでもありません。なぜそのドッグフードは有名なのか、それをチェックすることで体にいいドッグフードなのかを見極めることができます。

広告宣伝費を多く使っているから有名なドッグフード

特に大企業が製造販売しているドッグフードは、テレビコマーシャルや新聞雑誌広告、ドッグショー協賛などに宣伝費を惜しみなく使い、アピールすることで有名になったものが多数あります。ショードッグのブリーダーとタイアップしているところもあり、犬の繁殖をしているブリーダーが使っているなら品質も良いのだろうとそのドッグフードを選ぶ人もいらっしゃるようです。しかし多くの場合、広告宣伝費に莫大な費用をつぎ込んでいると、販売価格に対する品質が低くなりがちです。ドッグフードは食品ですから、品質が健康に直結します。もちろん積極的に宣伝をしている品質の良いドッグフードもあります。しかし、ただ商品名をよく見たり聞いたりするから、という理由だけでドッグフードを購入するのは避けた方がよさそうですね。

品質の高さを評価され有名になったドッグフード

企業が積極的に宣伝をしたわけではないのに、有名になったドッグフードもあります。海外では公正な第三者機関が各ドッグフードメーカーの品質を評価し、高品質なドッグフードを表彰しています。国際的に信頼のおける研究所で公正な検査を受け、数年連続で最優秀賞を受賞したドッグフードなどは、その品質の高さから有名になったドッグフードと言えますので、迷った時の選択肢の一つとして考えて間違いないと言えるでしょう。

ドッグフードは食品ですので、どんなに有名であってもその子その子で合う、合わないがあります。体によいドッグフードを与えていると、快活さや毛並みなどが明らかに変わってきますので、有名か有名でないか、よりも毎日の愛犬観察が一番信頼できる指標といえるでしょう。