一歩進んだドッグフード

ドッグフードで毛並みが変わる?

ウェーブがかかりもこもことした長毛、ストレートで硬い短毛などなど、犬種によって様々な毛並みがある犬ですが、どの犬であっても艶があり美しい毛並みであることは健康のバロメータのひとつです。
もし、愛犬の毛並みがいまひとつ…と思われている場合は、食事を工夫することで改善できるかもしれません。

材料の違うドッグフードに変えてみる

フケが出ていて、なんとなくパサッとして見える…という場合は、体質に合わない、または軽いアレルギーなのかもしれません。
動物病院でアレルゲンのチェックもできますが、反応が出ない犬もいるようです。
例えば、ビーフとトウモロコシがメインで使用されているドッグフードを与えている場合は、ラムとライスがメインのドッグフードに変えてみると改善がみられるかも知れません。
ただし、急にドッグフードを切り替えるとおなかを壊してしまう犬もいますので、切り替えは数日かけて新旧のドッグフードを混ぜながら行うとよいでしょう。

良質なたんぱく質が含まれたドッグフードを選ぼう

皮膚の角質や被毛はケラチンと呼ばれるたんぱく質からできています。
美しい毛並みのためには、材料であるたんぱく質が十分摂取できていることが大切です。
犬にとっての良質なたんぱく質は、動物性の原材料から来るものです。
ドッグフードを選ぶ際は、動物性の原料が多く使用されているものを選ぶようにしましょう。

DHA、EPAが多く含まれたドッグフードも効果あり

青魚に多く含まれているDHA、EPAなどのオメガ3系不飽和脂肪酸には血流を改善したり炎症を調整したりする機能があります。
美しい被毛を育てるためには、血行がよく毛根に栄養が十分いきわたる体内環境も必要です。
魚介系のドッグフードなら自然にDHA、EPAが多く含まれていますし、肉類が原料のドッグフードでもDHA、EPAを添加しているものが多く出ていますので、パッケージをチェックしてみてください。

美しい毛並みのためには、その犬に合った食事を与えるほかに、定期的にブラッシングなどのお手入れをして古くなった毛を取り除き血流を促進してあげることも大切です。
愛犬に合ったドッグフードを選び、飼い主とのコミュニケーションも兼ねたブラッシングをしてあげることで必ずや毛並みに変化があらわれることでしょう。