一歩進んだドッグフード

ドッグフードに混ぜた薬を残す

フィラリアの駆虫薬や下痢止め、持病の薬など愛犬に薬を飲んでもらわなければならない場面は生活の中でいくつも出てきます。もっとも簡単な方法はドッグフードに混ぜて与える方法ですが、警戒心の高い犬や薬嫌いの犬はドッグフードに混ぜても薬だけ残す場合があります。健康のための薬ですから、残してしまったから飲ませなくていい、というわけにはいかないのが現実です。薬を飲んでもらうための方法をいくつかご紹介します。

ドッグフードと同じ大きさに砕いてみる

比較的大きな錠剤の薬の場合、混ぜるドッグフードと同じ大きさか少し小さいサイズになるよう砕いてから与えるだけで、気付かないで一緒に食べてくれる犬も多いようです。

ヨーグルトやウェットフードに混ぜてみる

顆粒の薬や、カプセル錠の中身、錠剤を細かく砕いたものをヨーグルトやウェットフードなどの流動性で嗜好の高い食品に混ぜると一緒に食べてくれる場合が多いです。

チーズやささみに包んで与える

錠剤やカプセル錠を、チーズなどの好物の中に挿し込んで与える方法です。チーズの他にもささみやバナナ、ウインナーなど湿り気があって丸呑みしやすい食べ物を愛犬の一口サイズにしてから薬を挿し込んでください。最初は薬を入れていないものを与えて、スルッと食べている様子を確認してから薬が入ったものを与えてください。

タブポケットを使う

薬を隠しやすい形状をした、薬を飲ませるためのおやつも販売されています。薬をきれいに隠すことができますので、飲んでくれる確率も上がります。動物病院などで取り扱いがありますので、かかりつけの獣医さんに聞いてみてください。

最終手段―手で口に入れて飲ませる

上記のような方法を試しても、薬独特のにおいがいやで警戒心が高くなっている犬は飲んでくれないこともあります。その場合は、人が犬の口を開けて薬を飲ませることになります。飲ませるときのコツは、上あごを持ち上げるように開くこと、できるだけ舌の奥の方(のどの近く)に薬を入れること、薬を口にいれたらすぐに口を閉じて押さえ、少し上を向かせのどをさすること、です。その際犬の鼻を軽く押さえたりすこし息を吹きかけたりすると犬が鼻をぺろりとなめる際にごくりと薬を飲んでくれます。

犬によっては、人に口先を触られ慣れていないため激しく嫌がる子も少なくないです。このような時のため、気軽に口先を触らせてもらえるよう普段からスキンシップとコミュニケーションを取っておくことが大切です。また、錠剤を砕いたりカプセルの中身を取り出して与える場合は、あらかじめ獣医さんに確認をとっておいてください。薬の中には、食品と混ざると変質するものや体の中で溶け出して拡散するまでの時間を考えてその形状にしてあるものもあるからです。投薬はただですらストレスのかかることですから、愛犬に合った方法を見つけてできるだけ手早く済ませてしまいたいですね。