一歩進んだドッグフード

ドッグフードの適量は

愛犬に毎日与えるドッグフードですが、適量をあげているのかいまひとつ自信がない、という方もいらっしゃるかと思います。食の細い子を除き、犬は基本的に与えられただけ食べてしまう子が多いですが、これは明日も食事が食べられるかわからない野生時代の名残といえます。毎日食事をもらえる家庭犬ですから、飼い主が適量を考えてあげる必要があります。しかし、ドッグフードを切り替えたときなど、以前のドッグフードと同じ量が適量とも限らないものです。ドッグフードの適量の見極め方についてご紹介します。

まずはドッグフードの標準給餌量通りに

各ドッグフードには体重ごとの標準給餌量が表示されています。ドッグフードと一口に言ってもグラムあたりのカロリーはさまざまですので、必ず与えるドッグフードの表示を参考にしましょう。温度によって基礎代謝が変わるため、季節ごとの適量を表示しているドッグフードもあります。愛犬の体重をもとに、何グラムが標準量なのかを計算し、まずはその量を与えてみます。

便の状態をチェック

理想的な便の状態は、ペットシーツからつまみ上げた際にうっすらと跡が残るくらいの柔らかさと言われています。拾い上げられないほど柔らかい場合はドッグフードの量が多く、ペットシーツに跡が全く残らないほど硬い場合はドッグフードの量が少ないと言えます。新鮮な水をいつでも飲める状態にしてあげて、理想的な柔らかさになるまで量を少しずつ調整してみてください。ドッグフードを切り替える際は、いきなり切り替えるとおなかが緩くなってしまう子もいます。その場合は、一週間から二週間ほどかけて、以前のドッグフードに少量ずつ混ぜる割合を増やしながら切り替えていくと安全です。

適正な体型を維持できるかチェック

理想的な便が出る量を把握したら、しばらくその量を与えてみて適正な体型を維持できるかチェックしてみてください。適正な体型とは、犬を立たせた状態で真上から見たときに腰のくびれが明確で、肋骨に触れると形がわかる状態が目安です。特に太りすぎはけがや病気の原因となりがちですので、ドッグフードの量を調整するなどしてダイエットしましょう。便の状態が理想的なのであれば運動を増やして減量する方が良いでしょう。

 品質の良いドッグフードを、適量与え、適切な運動をして適正体型を維持することは、さまざまな病気やけがを遠ざけます。毎日与える食事ですから、一回自分の子に合った適量を見直してみると良いかもしれません。