一歩進んだドッグフード

減量が必要な時のドッグフード

人間同様、犬にとっても肥満は健康の大敵です。そうはいっても、知らず知らずのうちに食事を与えすぎてしまい、太らせてしまった…という飼い主さんも少なくないかと思います。コロコロした犬は、かわいらしく見えてついそのままにしてしまいがちですが、肥満の状態が長く続くと、関節など運動器への負荷だけでなく、内臓への負担も多くなり様々な病気やけがを誘発してしまいます。減量が必要になった時は、どのようなドッグフードを選べばよいのでしょうか。

愛犬の適正な体重を知る

太りすぎてしまった、減量しなくては!となった時に、最もわかりやすい指標は体重ですが、実は犬の適正体重というのは一概に決まっているわけでなく、同じ犬種でも骨格によって幅があります。ですので、体重だけを見るのではなく、愛犬の体型も合わせてみていくことが大切です。一番わかりやすい方法は、愛犬を立たせた状態で上から見て、腰部に明確にくびれがあり、肋骨に触れると形がわかる状態であれば、適正な体型です。この体型の時の体重が愛犬の適正体重になりますので、覚えておくと愛犬の健康管理に役立ちます。

筋肉を維持できるドッグフード選びを

くびれのある適正な体型のためには、しっかりとした筋肉がついていることが大切です。太ってしまったからといってただ食事の量を減らすだけでは、脂肪よりも筋肉が先に減ってしまうという事態になりかねません。「ダイエット」を謳った、ただカロリーが低いだけのドッグフードも中にはありますので、犬の食性に合った、動物性たんぱく質が多く含まれたドッグフードを選びましょう。原材料表示の先頭に、チキン、ビーフ、ラムなど何の肉なのか明確な原材料が複数表示されているようであれば、そのドッグフードは動物性たんぱく質が多く含まれたドッグフードといえます。脂肪分が控えめで、カロリーは少なくてもたんぱく質と各種ビタミン・ミネラルがしっかり摂取できるドッグフードが理想的です。

運動と組み合わせて健康的な減量を

良質なたんぱく質をたくさん摂取しても、運動による負荷がなければ筋肉はなかなか増えてくれません。肥満の犬は動くのが億劫になってよけい運動不足になりがちです。お散歩を長めにするなど、運動の量を増やしてあげてください。筋肉が増えれば、脂肪を燃焼してくれますので減量には一石二鳥です。

愛犬に健康で長生きしてもらうためにも、適正な体重管理はとても大切です。いつもと同じ量を与えていても、気温の変化で代謝が変わり、太ったりやせたりしてしまうものです。減量が必要な時には、体重管理用のドッグフードも上手に取り入れてみてください。